ヘッダー画像 トップページ こだわりの製氷 事業内容 アクセス
事業内容

古き時代より自然豊かな港として、また東北一の規模を誇る石巻は、水産業が主要産業として発展しつづけており、多くの漁業水産関係の従事者がおります。
石巻市漁業協同組合は組合員の様々な声に耳を傾け、皆さんの暮らしを守る共済事業、経営をサポートする指導事業、製氷事業等、積極的に漁業の発展に取り組み将来を見据えた展開を目指します。

共済事業
漁業従事者にとって安全は最も優先される事。
家族と生活を守るためにも万全の保障や共済が大切な役割を果たします。
JF共済
指導事業
今後の漁業の発展には、データ収集やそれに基づく情報解析からの情報提供が生産高に大きく左右するため、総合的な漁業経営の指導が不可欠です。



製氷事業
日産製氷能力140トン、貯氷能力1900トンを誇る当漁協の製氷システムは、全国ブランドとしての石巻港をアピールする流通ネットワークに威力を発揮しています。

製氷工場
共同利用事業
漁網などを保管できる倉庫を完備しています。


組合概要
組合名 石巻市漁業協同組合
代表者名 代表理事組合長 鈴木廣志
所在地 宮城県石巻市魚町二丁目13番地4
TEL 0225-95-1155 (代)
FAX 0225-95-1166
役員 理事5名、監事2名
従業員 11名 (2014.10現在)
出資金 70,911,000円
創立年月日 昭和24年10月10日
事業内容 共済・指導・製氷・共同利用事業
取引金融機関 農林中央金庫仙台支店 / 宮城県漁協石巻総合支所
七十七銀行湊支店 / 石巻商工信用組合湊支店 (順不同)

沿革
昭和 23年12月15日 水産業協同組合法公布
24年 6月10日 創立総会
24年10月10日 設立登記
24年10月15日 事業開始(購販売・指導事業)
27年10月 8日 石巻市川口町に製氷冷凍工場建設・業務開始
34年 3月30日 石巻市川口町に組合事務所新築移転
40年 2月10日 練製品製造事業開始
49年 8月 1日 新漁港開港
51年 3月31日 石巻市魚町に冷凍冷蔵工場建設
51年 9月 3日 石巻市魚町に組合事務所新築移転
54年 3月20日 石巻市魚町に製氷貯氷工場建設
56年11月 4日 石巻市魚町に練製品工場建設
59年 7月 1日 共済事業業務開始
平成 1年 3月31日 石巻市魚町に第二製氷貯氷工場建設
7年 4月 1日 石巻市魚町に第二製氷貯氷工場増設
21年10月10日 創立60周年を迎える
23年 3月 11日 東日本大震災により事業所・各工場全て被災
23年 9月 製氷第二工場を地域では逸早く本格復旧。販売開始
25年 12月 製氷第一工場新設復旧。販売開始
26年 12月 共同利用倉庫新設

組織
組合員  
理事・監事  
代表理事組合長  
参事  
総務部   業務部  
   庶務課・経理課    製氷課